MENU

2016/01/19 13:04:19 |
消費者金融のプロミスは手頃で簡単にお金を借りることができたり、無利息期間を活用できたりというメリットが多いのですが、もちろんデメリットもあります。その中の1つが簡単に借りることができるゆえに、ついついそれに頼ってしまって借入を増やしてしまいやすいということです。お金の借り過ぎへの注意が必要になります。そして金利という面でも低金利であるわけではありません。銀行と比べるとやはり高いですし、初回は金利が高めに設定されるかもしれません。そうなるとそれなりに返済のために、支払う額が増えてしまうことがあります。そしてもうひとつはプロミスカードを利用することで、住宅や自動車という高額の買い物のときのローンへ...
2016/01/19 13:04:19 |
ホームページには返済シミュレーションが用意されており、これを利用することで返済について調べることができます。計画を立てることが一番重要とされているのですが、その一環として利用することが多いです。用意されているのは3つの機能であり、その中から自分が希望する方法を選ぶこととなります。1つは返済額を調べるためのシミュレーションです。どのくらいの期間で返済を終えたいと思っているか考えるとき、返済額を知らなければ計画を作ることができません。その計画を立てるために、プロミスのシミュレーションを利用することとなります。期間と借入額を入力するだけで、返済期間を調べることができます。もう1つが返済期間を調べる方...
2016/01/19 13:04:19 |
プロミスのカードローンに申し込む方法は、全部で5通りあります。最も手軽なのが、パソコンやスマートフォン、従来のガラケーを使ってインターネットから申し込む方法で、QRコードを読み込む機能を備えている携帯電話であれば、プロミスが用意しているQRコードをスキャンするだけでブラウザから申し込みページへアクセスすることができ、より時間を短縮することができます。QRコードはプロミスのパンフレットや広告に記載されている為、簡単に手に入れることが出来ます。インターネットの操作に慣れていない方には、電話や郵送での申し込みがおすすめです。電話は専用のフリーダイヤルが用意されているため、通話料がかからず、不明点など...
2016/01/19 13:04:19 |
消費者金融プロミスは、大手銀行の三井住友グループに所属しています。メディアや漫画の影響で消費者金融について間違った知識を持った人が少なくありませんが、一流企業のグループが消費者金融という形態を取っている、と考えれば安心して借入することができるはずです。プロミスには多くの契約方法が用意されていますが、初めて借入する人はweb契約をオススメします。というのも契約の際には個人情報や会社の情報を入力する必要がありますが、その詳細を記憶していない人が大半でしょう。来店契約や自動契約機の契約ではそのことについて忘れていた場合、再び家で調べ直す手間がかかりかねません。一方、web契約なら自宅で契約することが...
2016/01/19 13:04:19 |
プロミスのカードローンには、多数の借入れ・返済方法が用意されており、契約者の生活シーンに合わせた利用が出来るようになっています。手数料が無料になるのは、全国のプロミスの店舗に設置されてりるプロミス専用ATM、プロミスが提携している三井住友銀行のATM、ローソン・ファミリーマート・ミニストップに設置されている、LoppiやFamiポートなどの端末を使用した場合です。プロミス専用ATMは、駅前を中心に幅広く設置されていることが多い為、通勤途中などに手軽に利用できるのが魅力です。営業時間内の7:00~24:00以内であればいつでも借入れと返済を行うことができ、平日だけでなく土・日・祝日も利用できるよ...